ホーム

 

 

 INTRODUCTION

-ご挨拶-

 

茶の湯の世界では、「真・行・草」という言葉が使われます。

これは、書道の筆法でる「楷書(真に相当)・行書・草書」という三種の筆法からきたのもです。

いわば本来の形である楷書(真)から、それを少しくずした形を行書、そして最も字形をくずした草書という

三段階の筆法を、茶の湯の世界にあてはめたのが「真・行・草」の分類です。

草庵を完成させた利休は「真を知り、行・草にいたればいかほどにくずそうと、その本性はたがわぬ」と説いております。

真行建設においては、「真」すなわち基本を知り、「行」すなわち基本を踏まえながらも異なるものを取り入れ、

「草」すなわち新たなるものを創造するという三言を技術と心にこめて、お客様の想いをカタチにします。